スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)

 宮崎県都城市で口蹄疫(こうていえき)が発生したことを受け、鹿児島県曽於(そお)市は11日、ウイルス侵入を阻止するため、宮崎県境の道路6本を通行止めにすることを決めた。

 早ければ12日から実施する。家畜伝染病予防法に基づく措置ではなく、道路管理者の市が自主的に封鎖を決めた。

 両県を往来する車両を、消毒地点がある幹線道に集めることが狙い。

 鹿児島県は幹線道路を除くすべての一般道を封鎖する方針を打ち出し、都城市と隣接する曽於、霧島、志布志(しぶし)市の計80〜90路線を対象に想定し、3市に封鎖の検討を要請していた。

 このうち曽於市は県境に接する60路線が対象となっていたが、住民生活や交通量などを考慮し、6路線の封鎖で県側と合意した。ほかの路線では、消毒用石灰を路上に散布したり、住民以外の車両通行を禁じたりして対応する。

 霧島市と志布志市は封鎖に難色を示している。

 一方、宮崎県では11日、西都(さいと)市などの2農家で感染疑いのある牛が見つかった。これで、えびの市を除いて、発生(疑い例含む)は4市5町の287施設、殺処分される家畜は19万4366頭に達した。

 また、9日に感染家畜が見つかった都城市の発生農家を中心に制限区域が設けられた。移動制限区域(半径10キロ)には同市や小林市、宮崎市、高原(たかはる)町、搬出制限区域(同10〜20キロ)には、この3市1町に加え、三股(みまた)町、綾町、国富町、鹿児島県曽於市、財部(たからべ)町が入る。

【2010参院選】谷垣総裁「与党過半数なら辞任」(産経新聞)
逮捕の警部補を懲戒免職=捜査資料で連絡、わいせつ容疑―新潟県警(時事通信)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
<はやぶさ>地球帰還前に、ツイッターで「あかつき」「イカロス」らにお別れ(毎日新聞)
割引拡大で高速料金収入減=首都、阪神など3社―10年3月期決算(時事通信)

子ども手当 「上乗せ分は現物給付に」…菅副総理兼財務相(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は1日の閣議後会見で、子ども手当の来年度以降の満額支給について、「(現行額への)上乗せ部分に実物給付が盛り込まれることは、雇用という側面から見ると好ましい」と述べ、増額分の予算は保育園の整備など、現金給付以外に充てることが望ましいとの考えを示した。

 子ども手当について、民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で11年度から2万6000円を支給(10年度は半額)するとしていた。だが、財源確保が困難なことから、民主党の参院選マニフェストの論議では、上乗せ部分の現物給付も含めた制度の修正が検討されている。【坂井隆之】

【関連ニュース】
子ども手当:自治体、準備に大わらわ…給食費滞納に返還も
子ども手当て:支給始まる…富山・朝日町は現金で
子ども手当:6月1日に支給開始 まず1道2県の7町村で
子ども手当:「満額」に異論噴出 黙り込んだ長妻厚労相
民主党:消費増税明記か見送りか…参院選公約、原案固まる

富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
民主参院が退陣勧告…鳩山首相辞任求める声「圧倒的」(スポーツ報知)
<口蹄疫>風評被害ズシリ 業者「宮崎産 返品の山」 感染区域外でも(毎日新聞)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
菅氏「もう一度予算、国民は理解」 出馬会見詳報(産経新聞)

「くやしい」「頭にきている」証人の怒りを平然と聞くベスーン被告 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(3)

 《環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)が撃ち込んだ酪酸で、顔面を負傷したとされる調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」の男性乗組員への証人尋問が続く》

 《酪酸を撃ち込まれた男性乗組員の○○さんは、シャワールームに駆け込んだ。シャワールームでは、○○さんとともに船の左舷側にいたAさん(法廷では実名)とBさん(同)は顔を水で洗い流していた。Aさんの顔は赤くなっていたという》

 検察官「甲23号証、写真の2から5を示したいと思います」

 《シャワールームにいた証人を撮影した写真が法廷内の大型モニターに映し出された》

 《写真で証人は、赤くはれた左ほほを指さしている》

 検察官「何を指さしていますか」

 証人「一番痛かったところです」

 検察官「どう痛かったのですか」

 証人「じくじくして、水ぶくれとなっていました」

 裁判長「ズームに拡大していただけますか」

 《写真が拡大される。赤いほほがアップになり、生々しい熱傷の跡が映し出される》

 《ベスーン被告は、傍聴席の様子をちらっと見た》

 検察官「両ほほのピリピリした痛みがあったとおっしゃいましたね」

 証人「はい」

 検察官「ほかのほほの痛みと比べて同じでしたか」

 証人「指で指したところの方が痛かったです」

 《続けて、検察官は翌日の2月12日に、証人の顔を撮影した写真を示した》

 《赤みは消えていたが、両ほほの痛みは残っていたという。左ほほの皮膚は変色し、痛々しい》

 検察官「左ほほの変色している部分を指してもらえますか」

 証人「はい」

 裁判長「左ほほのあたりにシミのようなものがありますが、それですか」

 証人「はい」

 検察官「変色した部分はどういう状態でしたか」

 証人「薄い皮ができていました。じくじくしていました」

 検察官「両目はどうでしたか」

 証人「右目に違和感が残っていました」

 検察官「違和感とは?」

 証人「目を開けることはできるけれど、開けづらいかな、という感じです」

 《第2昭南丸には船医は乗船していなかったため、11日、無線で捕鯨船団の母船である日新丸の◇◇船医(法廷では実名)と連絡を取った》

 《船医の指示に従い、顔や目を洗った証人。しかし、痛みが和らいだだけだった》

 検察官「◇◇先生から診察してもらったことはありますか」

 証人「はい」

 検察官「いつごろですか」

 証人「けがをした2日後です」

 《2月13日、船医は母船におり、離れていたため、証人は船医から無線でやり取りし、診察を受けた》

 検察官「どんなことを話しましたか」

 証人「目と顔を水で流したことと、傷の経過についてです」

 検察官「◇◇先生の診断結果を聞きましたか」

 証人「聞きました」

 検察官「◇◇先生は何と言っていましたか」

 証人「化学熱傷と言っていました」

 《ベスーン被告は姿勢を正してじっと証人を見ている》

 《検察官は、船内でやけどをする環境があったかを確認していく。けがの原因が酪酸以外にないことを証明したいようだ》

 検察官「被告人が酪酸を撃ち込む以前から、ほほがはれたり、目が充血することはありましたか」

 証人「ありません」

 検察官「痛かったことは?」

 証人「ありません」

 《ベスーン被告は、長いすの背に右手をかけている。視線は通訳と証人を行き来する》

 検察官「第2昭南丸に、やけどをするような環境はありましたか」

 証人「あります」

 検察官「例えば?」

 証人「蒸気のボイラーと調理場のヒーターと熱湯です」

 検察官「それらのものが顔に触ったりやけどしたりはなかったですか」

 証人「ありません」

 検察官「どうしてそのようにいえるのですか」

 証人「けがをしたとき、それらの近くにいなかったからです」

 検察官「事件当時、水ぶくれになるような病気にかかったことはなかったですか」

 証人「ありません」

 《ベスーン被告はやや前かがみの姿勢で証人をじっと見ている》

 検察官「最後に被告人に対する気持ちについて質問します。被告人を含むシー・シェパードが、調査捕鯨を妨害したことについてどう思いますか」

 証人「くやしいし、やめてほしいです」

 《それまで小さい声で答えていた証人は、はっきりとした声で発言した》

 検察官「やけどをしたことはどう思いますか」

 証人「頭にきています」

 検察官「被告人は、この法廷で妨害を認めていますが、傷害は争っているのを知っていますか」

 証人「はい」

 検察官「その主張について君は知っていますか」

 証人「全く反省していないと思います」

 検察官「最後に処罰についてどう思いますか」

 証人「本人が反省できるような厳しい処罰をお願いしたいです」

 《ベスーン被告は、落ち着かない様子で、通訳を見ている》

 《ここで弁護人が、「ヘルメットとフェースガードの距離などを計測してほしい」と申し出た。裁判長がこれを認めると、女性事務官が銀色のヘルメットを証人に手渡した。ヘルメットの上部には、透明のフェースガードが付いている。証人は、検察官席に背を向ける形でいすに座り、ヘルメットをかぶってあごの部分のベルトをとめた》

 裁判長「当時と同じ状態までフェースガードを下ろしてください」

 《証人が「はい」と答えて、ほお骨のあたりまでフェースガードを下ろした。女性事務官がデジタルカメラで、証人の顔を正面から撮影する》

 裁判長「次に、見上げた状態の写真も撮ります」

 《証人はいすから立ち上がり、天井を仰ぐように右斜め上に顔を向けた。立ち姿をデジタルカメラで撮影した後、ほほとフェースガードのすき間を測定するために男性書記官がメジャーをヘルメットの中に差し込んだ》

 裁判長「どのくらいになりますか」

 男性書記官「5・5(センチ)…ですね」

 《女性事務官が、証人の顔をアップで撮影した写真が、法廷内の大型モニターに映された。ここで、裁判長が「ちょっと押しつけてない?」と指摘。確かに、よく見るとメジャーの先が証人の左ほおに食い込んでいる。法廷内が軽い笑いに包まれた。裁判長が「ちょっと顔に触れるくらいにしてください」と注文をつけ、再測定が行われた》

 裁判長「何センチですか?」

 男性書記官「5センチです」

 裁判長「それから、あごの下からフェースガードまでの距離を測定してください」

 《男性書記官がメジャーを証人の顔にあて、女性事務官が横からそれを撮影する。法廷内のモニターに表示された写真を見て、裁判長が「だいたい10センチということでいいですか」と尋ねると、弁護人、検察官らが「はい」と答えた。さらに、フェースガードを完全に下ろした状態でも写真を撮影。フェースガードは、証人のあご上1センチほどのところまで達していた》

 《ここで、裁判長が休廷を告げた。1時間25分の休廷をはさんで午後に再開し、弁護側の証人尋問が行われる》 =(4)に続く

【関連記事】
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
「政治的意図で逮捕状」と批判 シー・シェパード代表

「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)
経産省、5事業を廃止=省庁版仕分け2日目(時事通信)
「刃物を持った手が伸びてきた」 見上げれば犯人の顔… 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
両陛下、パラリンピック入賞者ら招き茶会(読売新聞)
<普天間問題>鳩山首相、福島消費者相を罷免(毎日新聞)

政府が口蹄疫対策チーム、現地に常駐へ(読売新聞)

 平野官房長官は17日午前、宮崎県で感染が拡大している口蹄疫(こうていえき)の対策強化のため、農林水産省の副大臣を長とする対策チームを編成し、現地に常駐するよう指示した。

 同日中に設置されるチームは、〈1〉防疫体制の強化〈2〉農家への経済支援対策〈3〉連絡調整――の3グループで構成される。首相補佐官もチームに加わる方針だ。

 政府は17日午前、関係省庁の局長会議を首相官邸で開き、「生活道、集落内の消毒ポイントの設置」「高速道路周辺の消毒強化」「農家への手当金支払いの迅速化と書類手続きの簡素化、特別交付税支払いの迅速化」などの対策をとることを決めた。平野氏はこの後の記者会見で、「現地の要望に沿った対策に、政府と地元とが一体となって取り組む」と述べた。

首相、沖縄知事と会談=日米合意内容を説明―普天間(時事通信)
青木氏後継に長男・一彦氏 (産経新聞)
「コメントするのは不適当」=小沢氏不起訴処分で首相(時事通信)
皇太子さま 淡路花博を視察 人形浄瑠璃も鑑賞(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>皇居・宮殿でカンボジア国王歓迎行事(毎日新聞)

民主、消費増税を明記 参院選マニフェスト 次期衆院選後に(産経新聞)

 今夏の参院選のマニフェスト(政権公約)を検討している民主党の「マニフェスト企画委員会」(委員長=仙谷由人国家戦略担当相、高嶋良充党筆頭副幹事長)が13日開かれ、次期衆院選後に消費税増税を実施することを公約に盛り込むことで一致した。鳩山政権は3年後の衆院選までは増税を行わない方針を掲げているが、財政状況の悪化をかんがみ、衆院選後は速やかに増税に踏み切る考えを明確にする。

 この日は党と政府の関係者が出席し、主に財政問題を議論。「財政再建のためには(消費税を含めた)抜本的な税制改正が欠かせないということで一致した」(細野豪志副幹事長)という。消費税の引き上げ時期や税率については今後議論する方針だ。

<日比経済連携協定>マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
徳之島3町長、一切の受け入れ拒否(産経新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
月内完全決着、困難=普天間移設問題で−前原沖縄相(時事通信)
雑記帳 「かながわ卒煙塾」塾長に舘ひろしさん(毎日新聞)

「敵間違うな」「信念に従う」=自民除名の舛添、与謝野氏がコメント(時事通信)

 新党改革の舛添要一代表は27日、自民党への離党届が受理されず、同党を除名されたことについて「参院選に敗れたら自民党はなくなるという危機感を持って戦っており、自民党支持者も支援してくれていると思う。敵は小沢民主党独裁政権で、敵を間違ってはいけない」と述べた。
 同様に除名となったたちあがれ日本の与謝野馨共同代表は、議員辞職して衆院比例代表の議席を党に返上しなかったことが処分の理由とされたことについて、「(小選挙区で)13万人の支持(票)を受けたから最後まで信念に従って行動するのが有権者への責任だ。当選した後の政治行動を全部縛る(選挙)制度にはなってない」と指摘した。両氏とも、国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

鳩山首相「高速料金」またまた迷走 小沢と前原どっちが大事?(J-CASTニュース)
「JAYWALK」中村被告に懲役2年求刑(読売新聞)
<レースとレース・グラス展>箱根ガラスの森美術館で開幕(毎日新聞)
グループホームの6割、スプリンクラー未設置(読売新聞)
橋下知事「僕が改革やる」…万博記念公園(読売新聞)

<飯塚市長選>斉藤氏が再選 福岡(毎日新聞)

 飯塚市長(福岡県)斉藤守史氏(61)が再選。前市議の江口徹氏(44)を破る。投票率は53.17%。

 確定得票数は次の通り。

当29298 斉藤 守史=無現<2>[自]

 26554 江口  徹=無新[社]

大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)
元大和郡山市議に無罪=詐欺罪で起訴、懲役4年求刑−奈良地裁(時事通信)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
県民大会に出席表明へ=普天間、県内移設反対−仲井真沖縄知事(時事通信)
【高速道路新料金】 身内からも異論「四国だけなぜ高い」(レスポンス)

火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で欠航が続いているヨーロッパ方面への出発便のうち、アリタリア航空のローマ便が19日午後、関西国際空港から出発する。噴火以降、関空からヨーロッパ方面への出発便の再開は初めて。イタリアに帰国するフランシス・マウリシオさん(38)は、1週間の京都観光を終えて17日に帰国予定だった。「お金がなくなり、昨夜は空港のベンチで寝た。めったにできない貴重な体験と考えます」と出発手続きを終え、安心した様子でローマに住む家族に連絡を取っていた。

【写真特集】アイスランド火山噴火

 一方、アムステルダム、フランクフルトなど他のヨーロッパ方面出発便4便は19日も欠航する。運航再開のめどは立っていないという。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
火山噴火:スペインで全空港再開
アイスランド:火山噴火 航空規制長期化 業界減収185億円に 運航再開の動きも
アイスランド:火山噴火 火山灰、影響多方面に バラ市場、医療にも
ニュースがわかる「火山の国に暮らす」

<火災>鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
阪神、ハイチと同じ横ずれ型=大陸プレート同士が衝突−東大助教(時事通信)
重要文化財に「杉本家住宅」など 新たに8件指定(産経新聞)

交番で硫化水素発生、殺人未遂で無職男逮捕(読売新聞)

 神奈川県警茅ヶ崎署は12日、茅ヶ崎市共恵、無職沼山雅容疑者(39)を殺人未遂と建造物侵入の疑いで逮捕した。

 発表によると、沼山容疑者は昨年11月5日午前2時40分頃、同市幸町の茅ヶ崎駅南口交番に侵入し、1階のゴミ箱に、別々のペットボトルで持ち込んだ農薬と塩素系洗剤をゴミ箱に入れて硫化水素を発生させた疑い。同4時25分頃、巡回から戻った警官2人が硫黄臭に気付き、被害はなかった。

 調べに対し、沼山容疑者は「今は言葉が出ません」と供述しているという。

 沼山容疑者は昨年9月頃、近所の人に自宅の塀に立ち小便をされたとして、同交番を訪れ、注意するよう求めていたという。同署は、「近所の人に注意し、トラブルは解消したとみていた」としている。

<中国潜水艦>2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)
交番で硫化水素発生、殺人未遂で無職男逮捕(読売新聞)
立教大生殺害事件 発生から14年 父親らJR池袋駅で情報提供求めビラ配り(産経新聞)
強風 北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす−熊本県警(時事通信)

「ラピュタ」で起床=「頑張っていきたい」−山崎さんの目覚ましコール(時事通信)

 【ヒューストン時事】娘の選んだ曲で宇宙での目覚め−。宇宙飛行士の山崎直子さん(39)が搭乗する米スペースシャトル「ディスカバリー」は7日午後7時21分(日本時間8日午前9時21分)、クルーの起床時間を迎え、地上から送る恒例の「ウェークアップ・コール」で、長女優希ちゃん(7)が選んだアニメ映画「天空の城ラピュタ」(宮崎駿監督)で使われた「ハトと少年」が流れた。
 宇宙航空研究開発機構によると、「ラピュタ」は優希ちゃんが大好きな映画で、家族でよく見に行った。「ハトと少年」は主人公が渓谷の人々に朝の訪れを伝えるため、高台からトランペットを吹くシーンで使われている。
 夫大地さん(37)は「少しでも自宅にいるようなリラックスした気分で活動が続けられるように娘が選んだ。この曲を聴いたママが元気な笑顔で手を振ってくれることを楽しみにしています」としている。
 起床後、山崎さんは「大地、優希、すてきな曲を選んでくれてありがとう。日本の皆さん、頑張っていきたいと思います」とあいさつした。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

<将棋>急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
<火災>マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎(毎日新聞)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
条約の早期批准期待=岡田外相談話(時事通信)
コンビニ商品にカッター刃=4店連続か−警視庁(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
ネイルサロン
探偵事務所
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    カナ (08/27)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    佐藤君 (03/25)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    カドルト (01/08)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    タンやオ (12/29)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    こういち (12/24)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    ヘッド (12/09)
  • 鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM